毎日こつこつ続ける保湿!

学生時代、もともと肌荒れが多く自分の顔や体がコンプレックスでした。
屋外の部活動のため夏は日焼け止めを塗りたくった上に汗をかき、それを汗ふきシートでケアするという今考えてみれば薬品が常に肌についた状態だったわけです。
そんな状態で荒れないわけもなく、吹き出物やかゆみと戦う日々。
それがほぼ中高と続き、大学でスポーツをやめてから日焼け止めも汗ふきシートも使わなくなったことで荒れることも少なくなりました。

すると皮脂性だと思っていた肌はどちらかといえば乾燥肌だったことが判明して、何もしないとどんどんカサカサしてしまう…。そこで見直したのが基本的なケアです。

石鹸や洗顔フォームで洗い化粧水・乳液・クリームを塗るのではなく、水だけでよくすすぎ、スチーマーで肌に水分を補給したあとうすーくクリームを塗るというシンプルなケアに変えました。

mv_img_p

それから続けて10年ほどになりますが、同年代の女性によくみられるほうれい線もまだ無く(そのせいでまだ高校生?とか言われることも…)、肌荒れもせず、もともと白めの肌なので美白用品も使わずにいます。

美白というより紫外線対策は、日中は帽子やアームカバーで紫外線を防ぎ、強い季節のみ日傘をさすだけです。
これと同じケアをつづけた母も常に実年齢より10歳ほど若く見られています。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP