きっかけは濃い体毛コンプレックス!これが全ての始まり。

takasaki

高崎というなかなかの田舎に生まれ、
今では都内で働き、銀座で思う存分コンプレックスを解消することができています。

でも昔は思いっきり生まれつき濃い毛のことで泣くほど悩み、サロンに行き、でもダメで。。。という過去があります。
私が田舎を出るくらいにはまだ脱毛サロンなどの類もほぼありませんでしたし、何というか未来の見えない思春期を過ごしていたな~と思います。

最初は小学生のころからコンプレックスが始まったわけですが、
小学生時代のムダ毛の自己処理をしていなかったので腕や脛はもちろん、背中の毛がボーボーに生えっぱなしでした。
他の子に比べて毛深いという自覚はありましたが、そこまで気にすることも無かったんです。

しかしプールの授業のとき、後ろにいた男子生徒から「お前の背中動物みたいにふっさふさだなあ」と大きな声で言われてしまいビックリ。周りにいた生徒からも爆笑されてしまい、泣きたい気持ちになりました。そしてふと自分の腕を見ると、確かに黒々とうねったムダ毛が目に入りました。
水に入ると毛が肌にぴったりと密着するので余計目立ってしまうということが分かって以来、プール・海恐怖症にまでなったんですね・・・。
また、小学生とはいえ異性に指摘されたことにより、毛深いことは恥ずかしいことなのだということを心に刷り込まれてしまいました。

0I9A355815032137nakuyo2_TP_V

中学生になってからはカミソリでムダ毛を自己処理するようになり、少し自信を持てるようになったかな、と思います。
夏に彼氏とデートする前はムダ毛の処理は念入りに行っていました。
しかし、彼氏に「首のうしろの毛すごくね?」と指摘され、またしても恥ずかしい思いをしてしまいました。
それ以来、髪はアップにせずにロングを下すようになりましたし、キャミソールのような夏のおしゃれもできなくなり自信が完全に喪失していましたね。。。

こういう経験があっての今の私、と言える面はあるのかもしれませんが、
小さい頃に異性に毛深さを指摘されると、恥ずかしい思いをするだけでなく深く心が傷つき自分に自信がなくなってしまいます。
毛深い女の子は少なくないと思うので、男子には毛深い女の子に対して温かい目を向けてもらいたいものです。

大学生になって行かせてもらった脱毛サロンも・・・

何とか高校生までは我慢できても、大学生になったら我慢できるわけがありません。
そこで悩みを親にも良い、未成年のうちから高崎で脱毛に通うことを許してもらったんです。
今のように有名店が地方にある時代ではありませんでしたのでけっこう選択肢は狭かったですね。。。
現在はかなりのサロンが高崎にも進出しているようですが・・・⇒高崎の脱毛情報

しかしながらサロン=本当の脱毛ではない、ため、
ここで毛が思ったようになくなるってことはありませんでした。

永久脱毛した今なら分かりますが、毛が濃いと非力なサロンではやっぱり難しいものがあります。
総額20万円という学生にはかなりな額を投じましたが結果はイマイチ。

毛の強さを本当に恨んでましたね、このころは・・・。

念願の永久脱毛でキレイさっぱり!銀座デビュー

自分には医療脱毛しかない!と調べてわかり、
就職もかなて上京するしかない!という夢ができ、それを実現させました。

で、銀座にある美容クリニックにて永久脱毛に通ったのが社会人2年目です。

photo0000-2234

今はネットでこの辺の情報は簡単に拾えますが、当時はそれも苦労していましたね。
でも毛の無い肌になりたい!という気持ちがそういう情報に引き寄せられ、夢を実現できたんだと思います。

ちなみに銀座というと超高級というイメージがありますが、
なんてことはない、リーズナブルな美容皮膚科もけっこうあって20代新卒クラスでも行けるもんです。

ただしやっぱり多少の痛みが伴うのが永久脱毛であり、アンダーヘアなんかはホントに痛いです・・・
でもちゃんと脱毛効果は出てくれますので、それまでのコンプレックスに比べればお安い御用だし、
強い思いもあったのでしっかり銀座での永久脱毛は1年ほどで終えることができました。

ここで使った費用は40万円以上でしたが、
それで気になるモサッとした女らしかぬ毛が無くなったのはいい買い物だと思えますね。

※毛が無くなって心底私が思うこと
永久脱毛で彼氏とラブラブ度が増す!は間違いなく本当だと思う

私が通っていたのが湘南美容外科ってところ

ここで宣伝ではありませんが笑、私が利用していたクリニック名を出すと、湘南美容外科クリニック(銀座院はここ)というところになります。
けっこう有名な大手さんなので知っている方もかなり多いのではないでしょうかね!

脱毛に限らずいろんな診療をしているわけですが、ここの根こそぎレーザー脱毛ってのは昔からありますし、とにかくワキは破格で手を出しやすかったのと覚えています。
この部分も安いか、と言えばそれは部位によるって感じなんですが、決して高すぎるというわけでもありません。
もっと安いクリニックでの永久脱毛もありますが、ある程度のブランド力も欲しい!派の女性にはいいと思いますよ!

昔はジェントルレーズでの脱毛一辺倒だった記憶が強いですが、久々にここのHPを覗くとかなり最新な脱毛器も入れているようで明らかに進化しているなってわかりました。

医療脱毛はどれほど痛いのか?問題

医療脱毛の痛みは「輪ゴムで肌を弾いたくらい」と聞きます。怖がりすぎていたせいもあるかもしれませんが、実際に私が美容外科で脱毛を経験した時は、「思ったより痛くない。全然我慢できるレベルじゃん!」と思いました。それに、痛みの種類はどちらかと言うと、輪ゴムで弾くというより針で刺されるような痛みでした。スッスッと短い針を刺される感じです。

脱毛した部位は、脇、ひじ下、ひざ、ひざ下の四箇所です。
毛の太い所の方が痛いと聞きますがそれは本当でした。脇とひざがかなり痛くて、ぐっと耐えないといけないくらいでした。でも、「照射するパワーを弱くしてしまうと効果がないかも」と我慢しました。赤みがひかないようなら薬を出してもらえることも聞いていたので、安心して挑みました。
一方、ひじ下のような毛の細い所はそれほど痛くなかったです。ただし、手首あたりの血管が集まった箇所は、他とは違うズンッとした痛みがあり、少し照射を弱めてもらいました。

痛かった所ほど効果がある感じもして、何回か通うと本当に毛がほとんど生えない状態になりました。
今は、本当にお手入れが楽になって、心から「やってよかった!というよりもっと早くすべきだった…」と嬉しいような悔しいような気持ちです。

脱毛の次にトライしたプチ整形

一番の悩みは毛のことでしたが、それが解消されると今度は顔のちょっとした悩みも解決したく、
プチ整形に強い興味を持つようになりました。
脱毛でクリニックに通っていた分、美容外科というのへの障壁が無くなったんだと思います。

で、まずは目をいじるにことになりました・・・。

コンプレックスだった目、親戚のプチ整形経験もあって・・・

私は目が一重で小さいことが悩みでした。私の親戚は、目が小さい人が多く、従姉妹も目のプチ整形をしていました。しばらくして、別の同じ年齢の従姉妹が目のプチ整形をしました。奥二重からパッチリ二重になっていて、羨ましかったです。2人の従姉妹が目のプチ整形をしていたので、プチ整形は手軽なものだと感じました。

私の父も「整形して目を大きくした方がいい」と言っていたので、ずっと目の整形をしたいと思っていました。また、アイプチをして目を二重にしていたのですが、テレビでアイプチののりが目に良くないという話を聞いて、目を二重に整形してしまおうと決心しました。

同じ年齢の従姉妹が2万5千円で目の埋没術をしたという話を聞いて、私も従姉妹と同じ美容クリニックで目の埋没術を受けることにしました。
年間1万8千241人も二重にしている湘南美容外科のそれ!

始めに、二重の大きさはどのくらいが良いかなど医師と話し合いました。そして、別の日に手術が行われました。瞼や瞼の裏側に局所麻酔の注射をしました。これがとても痛かったです。瞼を縫うときはチクチクしている感じはしましたが、痛くはなかったです。
手術が終了すると、両瞼が殴られたように腫れていて、外に出ることが恥ずかしい状態でした。
術後は、サングラスを使用した方が良いです。

術後、なかなか瞼の腫れが治らず、1か月くらいは腫れていて、右の白目は真っ赤に充血してしまいました。術後1か月くらいで、以前好きだった同級生に会ってしまい、「目どうしたの?」と聞かれた時は、整形したとは言えず困りました。

秋には、瞼の腫れや充血が治りました。目のプチ整形をしてから、自分に自信がつき、合コンへ参加したり、男の子を紹介してもらってデートしたり積極的になりました。そして、ずっと彼氏がいなかった私に彼氏ができました。しかし、プチ整形の影響か分かりませんが、右目の視力が低下してしまいました。今はプチ整形をして良かったのか悪かったのか分かりません。整形をするならば、信頼できるクリニックで費用を出して行った方が良いと考えます。

Menu

TOP